読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十二獣月光武神シラユキver2.0

月光彩雛が想像以上に強かったのでちょっといじりました。


月光彩雛

プリズマーに似た墓地肥やし、除外された時そのターンの戦闘中の効果の発動を封じる効果を持っています。
基本的には(1)の墓地肥やしを使って行きます。従来の構築ではカグツチで月光を落とせないと虎や月光香が腐ってしまう欠点がありましたが、このカードの登場により解決されました。こいつで月光を落とし虎や香で蘇生させることでそのまま4エクシーズに繋げられます。

(3)の効果も十分強力で、ヴァイパーやヴァエルなどバトルフェイズで発動する強力な効果を全て無力化できます。シラユキのおかげで好きなタイミングで除外できるのも便利です。


各カードについて
・ヒルコ1
カグツチをアマテラスに変換するのがお仕事です。初期の構築では3でしたが、ブルホーンで安定してサーチが効くようになったので1になりました。下スケールとしても活用します。

・シラユキ3
コンセプトカード。カグツチの効果で落としたいので3枚確定です。素引きした時は月光香のコストにしたり、P召喚したり。

・十二獣要素(モルモ3ヴァイパー3会局3)
説明不要のパワカ。

・月光彩雛3
月光香や月光虎と合わせれば実質的な初動になります。(3)の効果があるのでカグツチで墓地に落ちて嬉しいカードでもあります。

・月光虎×3
スケール効果、モンスター効果で破壊時に、それぞれ月光を蘇生できます。
このデッキで1番好きなカード(どうでもいい)
スケールとして貼ればほぼ確実に仕事をしてくれます。ターン1制限もなく、ドランシアで割ってさらに展開したり。
スケール効果で蘇生した奴は効果無効で攻撃宣言もできないので注意。

・月光蒼猫×2、月光紅狐×1
星4月光モンスターは彩雛を含めて6枚は欲しかったので採用しました。紅狐は打点が高く、蒼猫の効果で攻撃力を倍にして3600で殴れます。またカグツチの素材を取り除いて破壊を免れる効果は効果で墓地に送る扱いなので、カグツチの素材として入れておくと良いです。

・ゼピュロス×1
月光虎と噛み合うとやばいです。先行展開を厚くできたり、後手で捲る時にも使えます。

・手札誘発(G×3、うさぎ×2)
当然の採用ですが、シラユキで除外しておくと相手ターンにアマテラスで回収できます。場(ドランシア)、墓地(シラユキ)、手札(手札誘発)、の3方向から妨害を構えることができます。

・テンキ×3
初動。

・月光香
月光専用の死者蘇生で、墓地から自身除外と手札一枚を切って月光をサーチできます。彩雛の登場でバツグンに使いやすくなりました。墓地効果もハンドのゼピュロスやシラユキを切れるので無駄がありません。

・ツイツイ×3 羽根×1
捲り用。ツイツイは自分の月光虎を割って展開や追撃を行えます。

・スキルプリズナー×2
どマイナーなカードですが強い。インフェルノイドにドランシア+ローチ+これをやると相当嫌がります。


展開


月光彩雛により可能となった展開です。
虎とヒルコをサーチできるためハンドの星4をP召喚でさらに展開できます。

基本的にはモルモ展開からヒルコサーチ+カグツチで、残りのハンドや墓地を使いながら展開し盤面を厚くしていきます。「カグツチを3回出す」を目指しましょう。最大でアマテラス+カグツチ+未来王+ランク4まで展開できます。

ふつーの十二獣よりかは面白いと思うので(強くはない)、気になった人はADSとかで回してみてください。



おわり